2017年の、この時代に二番目に読むべき本

2017年の、この時代に二番目に読むべき本

人工知能、シンギュラリティという言葉が聞かれる昨今
今後の人生設計に役立つ本であるが、
1つ間違いがある。
それは
変化はすぐそこにある。
シンギュラリティを超えた
指数関数的増殖ではなく
組み合わせ創造増加的関数的増殖による
The end of theory(理論の終り)の時代である。
(理論の終りとは全てが解明されることを言う)
約5年後にこの時代が来ると思われるが、
この時どうなっているかを議論する雰囲気はない。

日本は進んでいるのか遅れているのか
良く分らない国であるが、やばい状況には変わりない。

こんな事を考えさせてくれる
この本は
2017年の、この時代に二番目に読むべき本
である。

ちなみに図書館で借りました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)